肉離れはなぜ再発するのか?その理由を考察する

肉離れはなぜ繰り返すのか?
今回は、これを簡単にですが考えてみたいと思います。

 

肉離れは部位に限らず再発が多い障害として知られています。
しかしなぜ再発してしまうかという原因は未だに明白になっていません。

こちらの文献ではこのような見方をしています。

肉離れをする

肉離れからの痛みで痛みを避けるような動きになる

使用しない筋肉が弱くなる

エキセントリック収縮(伸びながら筋肉が働く)など肉離れを起こすのに関係する筋肉の機能低下が起こる


動きのメカニクスが変化する


肉離れの再発

このようなサイクルがあると考えらています。

 

また、神経的な抑制、つまり痛みのせいで本来、問題なくできる動き自体も脳が「ダメだ!怖い!」と命令をしてストップをかけてしまう。

 

これらの要因により思ったように体を動かせずに肉離れを再び起こしてしまうと。

 

次の文献は最近提唱された前十字靭帯再腱手術から競技復帰の指標の一部としてされたものです。

動く事に対する恐怖心がアンケート項目になっています。

主観的な痛みに対して、恐怖心なく動くことを遂行できるか?というものです。

体の状態がどうあれ、痛いという記憶を払拭できないと完全に競技をするのは難しいという結論になっています。

 

そのため、回復には個人差がどうしても現れます。

肉離れは物理的な組織ももちろんのことですが、心の部分も回復させないといけないという事になります。

 

ただこれはメンタルだけの問題かというとそうでもなく、
以前紹介したように筋肉などの運動器では神経の伝達にはFascia(筋膜)という要素も大きく

Fascia(筋膜)の滞りがあると神経伝達が適切に行われず動きに違和感が出て、それが受傷の痛みの記憶とリンクして恐怖心に繋がる可能性もあります。

これらから再発を防ぐためにはFascia(筋膜)の滞りを改善して、「この動きは大丈夫!」という認識を脳に覚えこませて恐怖心なく動けるようにする事が重要でしょう

Fascia(筋膜)の流動性を改善するには以前にも紹介しているドクターエアシリーズや、コンプレフロスが役に立つと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大谷翔平選手の怪我で話題になっているピッチャーにおける肘の怪我。大谷選手を襲った「内側側副靭帯の…
  2. 肉離れはなぜ繰り返すのか?今回は、これを簡単にですが考えてみたいと思います。…
  3. ランナーやウエイトリフターのタコ、力道山が傷に卵の皮を貼って治していたなどスポーツと卵殻膜の関係を書…

ピックアップ記事

  1. 大谷翔平選手の怪我で話題になっているピッチャーにおける肘の怪我。大谷選手を襲った「内側側副靭帯の…
  2. ランナーやウエイトリフターのタコ、力道山が傷に卵の皮を貼って治していたなどスポーツと卵殻膜の関係を書…
  3. ランナー人口の増加とともにタコに悩む人も増加中 足のタコはなぜできる? なんでいつも同じ場所に?…
PAGE TOP