海外で人気の筋膜リリースツール「フロスバンド(コンプレフロス)」の効果を解説!(割引クーポンあり)

ご存知ですか?
最近、スポーツ界で話題のリカバリーコンディショニングツール「フロスバンド(コンプレフロス)


トレーニーやアスリートが使用しているのがSNSでも拡散されていて口コミで広がっているので、目にした人も多いかと思います。

最近では、ダルビッシュやエンジェルスのマイク・トラウトが登場したことでも話題のYoutuber、qooninTVでも紹介されました(当ブログの紹介もアリ)。

 

日本ではこれからですが、海外ではメジャーリーガーなどプロアスリートが使うのもよく見かけます。

これは一体どのようなものなのでしょうか、解説したいと思います。

 

ぐるぐる巻きつけるだけで体が動きやすくなる驚異のツール

使い方は意外にシンプル。

画像のようにぐるぐる巻きにするだけでビックリするほど体が動くようになります。

「本当に?」という感じですが、よく効くんですよね。

 

このツールを使うことでどんな効果があるのでしょうか。
主に以下の3つになります。

 

① 可動域が圧倒的に上がる!(自動可動域において)

 

② トレーニング、練習、試合時での痛みが緩和される。

 

③ 体の循環がよくなりスッキリする

 

 

なぜこういったことが起こるのかについてはまだまだ研究の余地はあります。

しかし、現在のところ専門家の意見も加味して言える範囲では、以下のような原理でこうした効果が得られるのではないかと考えています。

スポンサードリンク




圧を加えることで筋膜リリースが起こっている?

フロスバンドを巻くことで何が起こるのか?

筋膜リリースと同じ効果があるという意見があります。

ちなみに筋膜リリースというのは日本では誤解をされている言葉です(詳しくはこちらをご参照ください)。

「筋膜リリースで筋膜をベリベリ剥がす」というとわかりやすいのでそういう言い方がされていますが、実際には筋肉内の組織(Fascia)の流動性を高めているということで、「筋膜を剥がしている」わけではありません。

ただ、フロスバンドを使うことによって本当の意味での筋膜リリースが行われ、可動域が上がったり痛みが緩和されると考えられています。

 

フロスバンドを巻く事で筋膜(Fascia)で起こること

フロスバンドを巻くことで筋膜リリースされるとして、ではその時に何が筋肉内で起こっているのでしょうか?

まずバンドを巻いた圧の刺激が加わることによって、神経のセンサーを通して細胞が活性化。筋肉内の組織の流動性が高まるということが起きます。

カチカチな筋肉内の組織が柔らかくなるイメージといえば伝わるでしょうか。

 

その他には圧迫を加える事で一酸化窒素の濃度も上がります
一酸化窒素には血管を拡張させ血液循環を上げる効果があります。

バンドによる圧迫でこうした効果が得られます。

 

一時期テレビでも紹介された筋膜注射(現在は名称を変更されています)。

筋膜に水分を加えるもので、その模様が以下の動画です。

白い筋膜内に水分が広がっていき、正に流動性が高まっているのがわかります。

なぜこのように水分が広がるのでしょうか。

 

筋膜といえば一枚の膜のようにイメージされる方が多いかと思いますが、ミクロのレベルで観察すると実際はミルフィーユ状になっていて、層と層の間に水分の層があります。

 

ここの水分が滞り組織が固まると筋肉の動きを妨げるのですが、この動画のように外から注射で水分を入れてやると動きがよくなります。

 

面白いのは、注射でなくフロスバンドで外的な力を加えて水分が流れるようにしても同じ効果があるということ。

こうすることで俗に言われる「筋膜リリース」が行われます。

カチカチに固まった筋肉の中に水分が行き渡る。

フロスバンドで体が動きやすくなる理由はこういう仕組みと考えられます。

 

なぜ可動域が上がったり、体が動きやすくなるのか?

 

こちらも解説しましょう。
バンドを巻いてFascia(筋膜)に働きかけると、間接的に運動神経のトーンの低下という現象が起こります。

運動神経のトーン低下とは、イメージ的に言うならば神経の「ストッパー」が外れる現象。

「これ以上はダメだよ」と制限している神経に働きかけ、筋肉が動きやすくなったり可動域が広がったりします

疲労している時に、体の違和感でいつもと違って動きにくいという事がありませんか?

運動前はそのような動きの「ストッパー」があるので、フロスバンドそれを外してやります。

すると、練習や試合で思うように動けたり、反応できるようになります。

フロスはそのようなことができる優秀なウォーミングアップツールと言えます。

 

海外では実は前から人気のフロスバンド

フロスバンドは海外ではクロスフィットなどを中心に、実は数年前から人気となっていたツールです。

フロスバンドの種類もたくさん出ているのですが、残念ながら日本には今まで並行輸入のみで正式には入ってきていませんでした。(アマゾンでは高い値段で売られていますが・・)
その点で、「サンクトバンド社のコンプレフロス」が日本で正規で販売されたフロスバンドになります。https://www.sanct-japan.co.jp/

私も使っていますが、ゴムアレルギーの起こりにくい素材を使用し、バンド特有の気になる匂いも抑えたいいフロスバンドだと思います。

そしてこのサンクトバンド社の代表は元サッカー日本代表のレジェンド秋田豊さん。
秋田さんは自らフロスバンドを携え、Jリーグやプロ野球チームなどに使用法を講習して回っています。秋田さんご自身がトップアスリートだったので、その効果を自身で体感しているのでしょう。

 

コンプレフロス🤙 このフロスを紹介した理学療法士やトレーナーからはかなりの反響をもらってます! 多くの人に知ってもらって、もっと思う存分トレーニングしてもらいたい!! 11/26(日)に協同開発者のスベン クルーゼ氏をドイツから招いてコンプレフロスのワークショップを開催するので、ぜひご参加ください! . https://www.sanct-japan.co.jp/news/134/ ※参加費︰3,000円、場所︰西新宿 #秋田豊 #サッカー解説者 #サンクトジャパン #サンクトバンド #日本を健康に #出会いに感謝 #トレーニング #ヘディング #コンプレフロス #フロスバンド #理学療法 #soccer #football #heading #health #sanctband #sanctjapan #comprefloss @sanct_japan

Yutaka Akita 秋田豊さん(@yutaka.akita.3)がシェアした投稿 –

 

フロスバンドの共同開発者であり、アドバイザーを行っているのはドイツオリンピックチームやドイツサッカー代表などのメディカルチームを診るドイツ理学療法士界の重鎮スベン・クルーズ氏です。

スベン・クルーズ

このブログの内容も、私がスベンと直接ディスカッションした内容を元にしています。

コンプレフロスの使い方について

 

共同開発者のスベンさんがコンプレフロスを使用している動画が以下のもの。使い方の感じをつかむためにこの動画をチェックしてみてください。

コンプレフロスの基本的な使い方をまとめると以下になります。

基本的な使い方

 

① 毎回毎回ロールに巻いて使用すること

 

② 25~50%(このあたりは自分の感覚で)伸ばす

 

③ 基本的に心臓から遠いところから近い方へ巻く

 

④ 巻いたバンドの50%ずつのスペースで巻いていく

 

⑤ 巻いた状態で自動運動と他動運動を行う。2〜3分を1セットにして1〜3セット

 

⑥ コンプレフロスを外して自動運動と他動運動を2分程度行う

 

対象となる部位を可動させながら行うと効果大です。

また、サンクトバンド社のホームページにある使用法も非常に参考になります。
https://www.sanct-japan.co.jp/howto/186/
https://www.sanct-japan.co.jp/howto/188/

 

強く巻きすぎたり長時間行うと血栓のリスクもあるのでご注意ください。
人によっては使用後皮膚に赤みが残る可能性がありますが、炎症と同じように時間と共に引いていきます。

また、妊娠されていたり高血圧、甲状腺機能障害がある方などは医師にご相談の上、使用してください。

 

コンプレフロスの選び方について

バンドの強さの種類は4種類あり筋量、脂肪量、感覚の感じやすさによって選択しますが、一般の方でしたらLime Green, 一般の運動者ならBlueberry~Plum、アスリートならPlum~Grayをお試しください。

 

コンプレフロスには1インチ、2インチ、3インチの幅の種類と2mと3.5mとの長さの種類があります。

あなたに適切なコンプレフロスをご提案してみましょう。

1インチのものは主に指など小さな部位に行います。

私の関わっている選手では柔道や相撲、ゴルフなど握る動作を多くする競技の人に頻繁に使われています。

さらに圧迫を強めたい人にはこのようなダブル巻という技もあります。

 

一番汎用性が高いのは2インチです。

どこにでも結構応用できます。

コンプレフロス初心者にはこちらの幅がお勧めです。

使い方にやや困るのが3インチ

こちらは腰などに使用するのがお勧めです。

また呼吸を楽にするために横隔膜付近の肋骨の下から肋骨、お腹に巻くのもありです。

 

次に長さ

2mと3.5mの種類があります。

価格も1000円ほど違うので短い方を選ぶ方が多いようです。

使用する部位や体の厚みで選ぶのが良いでしょう。

膝や足首など関節をまたいで使用する場合は長い3.5mがお勧めです。

可動域の向上にはもってこいです。

局所的に前腕、ふくらはぎなどに使用する場合は2mでも十分です。

また筋肉が分厚い人などは3.5mの方がよいでしょう。

例えば太ももなどは厚いと周囲が60㎝以上ありますので、2mのコンプレフロスだと数周しか巻けなくなってしまいます。

 

 

現在、購入出来るのは基本的に公式サイト限定になっています。(もしくは今後アカデミー出身者からの手売りのようです。)

今回特別に割引クーポンを提示いただきましてお買い求めやすくなっています。
クーポンコード (定価より10% OFF

SJFTEVAN

購入サイト
https://www.sanct-japan.co.jp/compre_floss/

*クーポンの使い方

購入サイトからコンプレフロスを購入するを選択、カートに入れて、レジへ進むを押します。

配送先の情報などを入れて次へ進むを押し、配送設定の入力をしたらさらに次へ進むを押します。

次の「お支払い方法の設定」画面の「ショップクーポン入力」の項目に「SJFTEVAN」を入れて購入。

10%割引になります。

 

スポンサードリンク




 

よく聞かれる質問

1、コンプレフロスは痛いの?

基本的に痛くありません。

ただ体の状態によりこのように赤くなる場合もあります。

痛い場合は強く巻きすぎているかもしれません。

 

2、肩とか自分でどう巻くの?

こちらの前沢さんの巻き方が一番巻きやすいかと思います。

最後バンドをフックする際は脇で挟んで固定して巻き込んで安定させてやります。

その他前腕なども同様に体のどこかで固定して巻き込んでやりましょう。

 

3、一度使用したらまた巻きなおすの?

確かに一度ほどかれたコンプレフロスを巻きなおすのは面倒な作業です。

しかし次に使用することを考えたら巻きなおす方がよいでしょう。

私もキックボクシング競技者の際にバンテージを巻きなおすのに難儀をしていましたが、巻きなおしの時に今日も怪我なく終われたことへ感謝を込めて巻きなおしました。

また芯は残しておいた方がよいでしょう。その芯に巻きなおして次も使用しましょう。

 

4、洗えるの?

水洗いしても耐久力は変わらないとされていますが、手間を考えるとアルコールウェットテッシュで拭くのが一番かと思います。

 

5、加圧トレーニングと何が違うの?

圧迫を加えるという事でフロスバンドと加圧バンドと何が違うの?という質問もよく聞かれます。

対比させる研究はないようですが、局所に圧迫を加える加圧とより広範囲で圧迫を加えるフロスバンドとの違いというのが考えられます。 様々な意見を加味すると加圧トレーニング局所の圧迫にで血流自体を一時的に寄せることで代謝ストレスの向上となり、筋肉の再合成を促していトレーニング方法です。

これに対してフロスバンドは血流を止めるわけではなく、それ以下の圧迫の力で皮下組織、Fasciaの間質リンパ液の流れやそれに含まれる神経受容器に対して刺激を与え、可動改善や疲労物質の排出などを促すという事が目的となります。

目的も方法もまったく違うので、それぞれの特徴を抑える必要があります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25678204

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25249278

使っている人の声

アスリートを中心にコンプレフロス(フロスバンド)を使う人が増えています。

代表的なのはパワーリフターの信田泰弘さん

使い方を熟知していて、コンプレフロスの効果の啓蒙もされています。

 

パラリンピック柔道日本代表の藤本選手も使い始めました。

 

 

研究者でボディビルダーとして有名な岡田隆さんも。

 

アナウンサーの方は肩こりが改善したとのこと

 

スポーツチームでの使用の例は、野球だとピッチャーではこのように巻いてキャッチボール前に行ったり、登板日翌日にリカバリーとして使用したりします。

左上から時計周りに 1、肩にフロスバンドを巻く 2〜4 その状態でピッチングの動作を行う。

肩の制限が外れ、勢いよく肩が回ることが確認できる。スピードアップやリカバリーにも有効。

 

サッカーでは腫れやすい足首などに巻くと腫れが引くのでリカバリーとして、また可動が上がるのでアップで巻くと即効性の効果が期待できます。

その他の競技も同様です。どのような動きを獲得したいか?関連する関節などに巻いて動かす!
それによりパフォーマンス向上、リカバリー促進を目的に行います。

みなさんも賢く使いこなしてみてください!

 

疑問:他のバンドでは代用できないの?

他のエクササイズバンドなどでは代用はできないのか?

サンクトバンド社のフロス専用のバンドではなくて、例えばセラバンドみたいなもので代用できないのか?

この質問をよく聞かれるので、書いてみます。

まず、サンクトバンドの特徴としては以下のホームページの5つの特徴をご覧ください。

https://www.sanct-japan.co.jp/about/

1ラテックスアレルギーが極めて少ない

2パウダーを使用していないので不快でない

3長期使用でもパウダーいらず

4耐久力に優れる

5天然ゴムで安心。

といった「使いやすさ」の特徴が挙げられています。

ただ、自分が感じているのはもっとシンプルに「伸びやすさ」です。フロスバンドはやはり専用に作られているのでよく伸びると思います。

試しに他のエクササイズバンドと比べてみました。

伸ばす前

50%伸ばした状態

わかりにくいかもしれませんが、あまり伸びていません。

 

こちらはコンプレフロス

元の状態

50%伸ばした後

かなり伸びているのがわかると思います。

条件を合わせるために二つとも同じような中程度の強度設定のバンドを選びました。

 

コンプレフロスは伸びだけでなくぴったり圧縮する力が強いので、いい感じに締め付けられて負荷があります。

この強い圧迫が前述した筋肉内の一酸化窒素の濃度の変化に影響するのでは?と思います。

セラバンドなどではこれだけ強い圧着が生まれません。

ただ、これは論より証拠で一度体験して実感してみるのをお勧めします。

 

フロスバンドのデータ

また、フロスバンドを使った実験のデータも発見しました。

近年それほど強くはないものですがフロスバンドを使用した研究もされているようです。

例1

足関節の可動域向上とジャンプ能力の向上

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28254581

例2

肩の可動域の向上

https://journals.humankinetics.com/doi/abs/10.1123/ijatt.2016-0093

やはり研究の介入方法として侵襲性が高いのでスポーツ科学的な可動域についてしかなかなかありませんが、どれも可動域向上には有益のようです

 

スポンサードリンク



おまけ

アメリカで人気のフロスバンドとコンプレフロスを比較してみた!

アメリカではフロスバンド=クロスフィットというイメージがあるかもしれません。 元々はクロスフィット界で有名な Kelly Starrettが主催するMobility WODでフロスバンドを紹介したことで広がりをみせました。

その彼が有名にしたフロスバンドはVooDooフロスバンド。

これは強い圧迫力と耐久性で人気です。

しかしながら、粉まみれで届くという難点があり、ラテックスアレルギーへの対応やバンド間の密着感という点ではコンプレフロスに優位性があるでしょう。

 

次にMaster of Muscleフロスバンド

こちらはラテックスアレルギーに対応していて、カスタマーサービスが良いです。 しかし通気性が悪いという評判ですね^^;

 

次にWOD Fittersフロスバンド

これは伸張性が高くてラテックスアレルギーにも対応していますが、同じく通気性が悪いという口コミが。

 

一長一短です^^;

 

フロスバンド全般でアメリカで評価されるポイントしては

張り付きがよい

耐久力がある

伸張性が高い

粘着力がよい

分厚い

ラテックスフリー

といったところが挙げられます。

これに照らし合わせると分厚いという点以外は、サンクトバンド社のコンプレフロスはおおむね優秀で、使いやすい製品だと思います。

今後サンクトバンド社に期待したいのは、他のバンドのように使用説明書や持ち運びの袋が同封されることでしょうか。 これらがあるとさらにいいですね。

アメリカでは一足早くブームになったフロスバンド。日本でも徐々にその輪が広がり始めているように思います。

【参考文献】

http://axissyllabus.org/assets/pdf/Schleip_Fascia_as_a_sensory_organ.pdf
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11467897

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25649317
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16259237

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. ドクターエアから新発売された振動ボールの効果はいかに?振動するフォームローラーで人気のドクターエ…
  2. 膝の痛みの原因とよく言われるニーインの状態。こんな状態です。いわゆる「膝が内側に入ってし…
  3. 今回は意外に知られていないけれども重要な栄養素「亜鉛」のお話です。亜鉛と聞いて、みなさん何を思い…

ピックアップ記事

  1. ドクターエアから新発売された振動ボールの効果はいかに?振動するフォームローラーで人気のドクターエ…
  2. 今回は意外に知られていないけれども重要な栄養素「亜鉛」のお話です。亜鉛と聞いて、みなさん何を思い…
  3. 運動をする人であればつきまとう「筋肉痛」問題。特にハードトレーニーは筋肉痛のコントロールもうまく…
PAGE TOP