海外で人気の筋膜リリースツール「フロスバンド(コンプレフロス)」の効果を解説!(割引クーポンあり)

ご存知ですか?
最近、スポーツ界で話題のリカバリーコンディショニングツールの「フロスバンド(コンプレフロス)


トレーニーやアスリートが使用しているのがSNSでも拡散されているので、目にした人も多いかと思います。

最近では、ダルビッシュやエンジェルスのマイク・トラウトが登場したことでも話題のYoutuber、qooninTVでも紹介されました(当ブログの紹介もアリ)。

 

日本ではこれからですが、海外ではメジャーリーガーなどプロアスリートが使うのもよく見かけます。

これは一体どのようなものなのでしょうか、解説したいと思います。

 

ぐるぐる巻きつけるだけで体が動きやすくなる驚異のツール

使い方は意外にシンプルです。

画像のようにぐるぐる巻きにするだけでビックリするほど体が動きやすくなります。

「本当に?」という感じですが、事実です。

このツールを使うことでどんな効果があるのでしょうか。
大きくは3つです。

 

1、可動域が圧倒的に上がる!(自動可動域において)

2、トレーニング、練習、試合時での痛みが緩和される。

3、体の循環がよくなり体がスッキリする。

なぜこういったことが起こるのかについてはまだまだ研究の余地はあります。

しかし、現在のところ専門家の意見も加味して言える範囲では、以下のような原理でこうした効果が得られるのではないかと考えています。

スポンサードリンク




圧を加えることで筋膜リリースが起こっている?

フロスバンドを巻くことで、要は筋膜リリースが行われているという意見があります。

ちなみに筋膜リリースというのは日本では誤解をされている言葉です(詳しくはこちらをご参照ください)。

こちらの記事の通り、筋膜を「剥がす」ものではなく筋膜の元の言葉になっている「Fascia」という組織の構成要素である細胞外基質の流動性(循環性)を高めることとされています。

「筋膜をベリベリ剥がす」というとわかりやすいのでそういう言い方がされていますが、実際には筋肉内の組織の流動性を高めているということで、「筋膜を剥がしている」わけではありません。

ただ、フロスバンドを使うことによって本当の意味での筋膜リリースが行われ、可動域が上がったり痛みが緩和されると考えられています。

 

フロスバンドを巻く事でFacia(筋膜)で起こること

フロスバンドを巻くことで筋膜リリースされるとして、では何が筋肉で起こっているのでしょうか?

一つはバンドを巻いた圧の刺激が加わることによって、神経のセンサーを通して細胞が活性化されて、筋肉内の組織の流動性が高まるということが起きます。

その他には圧迫を加える事で一酸化窒素の濃度が上がります
一酸化窒素は血管を拡張させ血液循環を上げることで知られていますが、圧迫でこうした効果が得られます。

一時期テレビでも紹介された筋膜注射(現在は名称を変更されています)。

以下の動画でその様子が分かりますが

 

白い筋膜内の水分が広がっていき、正に流動性が高まっているのが見て取れます。

なぜこのように水分が広がるのでしょうか。

上の画像のように筋膜といえば一枚の膜のようにイメージされる方が多いかと思いますが、ミクロのレベルで観察するとミルフィーユ状に層と層の間に水分の層があります。

ここの水分が滞ると固まるように動きを妨げるのです。

そこへこの動画のように外から注射で水分を入れてやる。

またはフロスバンドなどの外的な力で水分が流れるように促してやる。

そうすることで俗に言われる「筋膜リリース」という事が行われます。

フロスバンドを巻く事でこうした効果を期待できる可能性があります。

 

またなぜ可動域が上がったり、体が動きやすくなるのか?

こちらも解説しましょう。
バンドを巻いてFascia(筋膜)に働きかけると、間接的に運動神経のトーンの低下という現象が起こります。

これにより、神経を抑制する動きの「ストッパー」が外れ筋肉が動きやすくなったり、可動域が広がったりするわけです。

疲労している時に、体の違和感でいつもと違って動きにくいという事がありませんか?
運動前はそのような動きの「ストッパー」があるので、それを外してやります。

フロスはそのようなことができる優秀なウォーミングアップツールと言えます。

 

海外では実は前から人気のフロスバンド

フロスバンドは海外ではクロスフィットなどを中心に、実は数年前から人気となっていたツールです。

フロスバンドの種類もたくさん出ているのですが、残念ながら日本には今まで並行輸入のみで正式には入ってきていませんでした。(アマゾンでは高い値段で売られていますが・・)
その点で、「サンクトバンド社のコンプレフロス」が日本で正規で販売されたフロスバンドになります。https://www.sanct-japan.co.jp/

私も使っていますが、ゴムアレルギーの起こりにくい素材を使用し、バンド特有の気になる匂いも抑えたいいフロスバンドだと思います。

そしてこのサンクトバンド社の代表は元サッカー日本代表のレジェンド秋田豊さん。
秋田さんは自らフロスバンドを携え、Jリーグやプロ野球チームなどに使用法を講習して回っています。秋田さんご自身がトップアスリートだったので、その効果を自身で体感しているのでしょう。

 

コンプレフロス🤙 このフロスを紹介した理学療法士やトレーナーからはかなりの反響をもらってます! 多くの人に知ってもらって、もっと思う存分トレーニングしてもらいたい!! 11/26(日)に協同開発者のスベン クルーゼ氏をドイツから招いてコンプレフロスのワークショップを開催するので、ぜひご参加ください! . https://www.sanct-japan.co.jp/news/134/ ※参加費︰3,000円、場所︰西新宿 #秋田豊 #サッカー解説者 #サンクトジャパン #サンクトバンド #日本を健康に #出会いに感謝 #トレーニング #ヘディング #コンプレフロス #フロスバンド #理学療法 #soccer #football #heading #health #sanctband #sanctjapan #comprefloss @sanct_japan

Yutaka Akita 秋田豊さん(@yutaka.akita.3)がシェアした投稿 –

最近では、日本アスリートの間でも広がりを見せはじめていて、パラリンピック柔道のメダリスト藤本選手も使い始めました。

 

フロスバンドの共同開発者であり、アドバイザーを行っているのはドイツオリンピックチームやドイツサッカー代表などのメディカルチームを診るドイツ理学療法士界の重鎮スベン・クルーズ氏です。

スベン・クルーズ

このブログの内容も、私がスベンと直接ディスカッションした内容を元にしています。

 

フロスバンドは使用法を学ばなければいけないのですが、サンクトバンド社のホームページの使用法は非常に参考になります。
https://www.sanct-japan.co.jp/howto/186/
https://www.sanct-japan.co.jp/howto/188/

 

また、共同開発者のスベンさんがフロスバンドを使用している動画は以下。使い方の参考にしてください。

基本的な使い方は、25%~50%(このあたりは自分の感覚で)伸ばし、体から遠いところから近い方へ巻きます。

巻いた状態で自動運動と他動運動を行います。2~3分を1セットにして1~3セット。可動させながら行うと効果大です。

強く巻きすぎたり長時間行うと血栓のリスクもあるのでご注意ください。
また人によっては使用後皮膚に赤みが残る可能性がありますが、炎症と同じように時間と共に引いていきます。

 

バンドの強さの種類は4種類あり筋量、脂肪量、感覚の感じやすさによって選択しますが、一般の方でしたらLime Green, 一般の運動者ならBlueberry~Plum、アスリートならPlum~Grayをお試しください。

また体の部位によりバンドの厚さが変わりますが、2インチのバンドが一般的で汎用性がありますので最初の入りとしては2インチのバンドでお試しください。

現在、購入出来るのは基本的に公式サイト限定になっています。(もしくは今後アカデミー出身者からの手売りのようです。)

今回特別に割引クーポンを提示いただきましてお買い求めやすくなっています。
クーポンコード (定価より10% OFF

SJFTEVAN

購入サイト
https://www.sanct-japan.co.jp/compre_floss/

*クーポンの使い方

購入サイトからコンプレフロスを購入するを選択、カートに入れて、レジへ進むを押します。

配送先の情報などを入れて次へ進むを押し、配送設定の入力をしたらさらに次へ進むを押します。

次の「お支払い方法の設定」画面の「ショップクーポン入力」の項目に「SJFTEVAN」を入れて購入。

10%割引になります。

 

スポンサードリンク




スポーツチームでの使用の例は、野球だとピッチャーではこのように巻いてキャッチボール前に行ったり、登板日翌日にリカバリーとして使用したりします。

左上から時計周りに 1、肩にフロスバンドを巻く 2〜4 その状態でピッチングの動作を行う。

肩の制限が外れ、勢いよく肩が回ることが確認できる。スピードアップやリカバリーにも有効。

 

サッカーでは腫れやすい足首などに巻くと腫れが引くのでリカバリーとして、また可動が上がるのでアップで巻くと即効性の効果が期待できます。

その他の競技も同様です。どのような動きを獲得したいか?関連する関節などに巻いて動かす!
それによりパフォーマンス向上、リカバリー促進を目的に行います。

みなさんも賢く使いこなしてみてください!

 PS  他のバンドでは代用できないの?

他のエクササイズバンドなどでは代用はできないのか?

サンクトバンド社のフロス専用のバンドではなくて、例えばセラバンドみたいなもので代用できないのか?

この質問をよく聞かれるので、書いてみます。

まず、サンクトバンドの特徴としては以下のホームページの5つの特徴をご覧ください。

https://www.sanct-japan.co.jp/about/

1ラテックスアレルギーが極めて少ない

2パウダーを使用していないので不快でない

3長期使用でもパウダーいらず

4耐久力に優れる

5天然ゴムで安心。

といった「使いやすさ」の特徴が挙げられています。

ただ、自分が感じているのはもっとシンプルに「伸びやすさ」です。フロスバンドはやはり専用に作られているのでよく伸びると思います。

試しに他のエクササイズバンドと比べてみました。

伸ばす前

50%伸ばした状態

わかりにくいかもしれませんが、あまり伸びていません。

 

こちらはコンプレフロス

元の状態

50%伸ばした後

かなり伸びているのがわかると思います。

条件を合わせるために二つとも同じような中程度の強度設定のバンドを選びました。

 

コンプレフロスは伸びだけでなくぴったり圧縮する力が強いので、いい感じに締め付けられて負荷があります。

この強い圧迫が前述した筋肉内の一酸化窒素の濃度の変化に影響するのでは?と思います。

セラバンドなどではこれだけ強い圧着が生まれません。

ただ、これは論より証拠で一度体験して実感してみるのをお勧めします。

 

その他のバンドというとクロスフィットなどでは王道のVoodooバンド

https://www.roguefitness.com/voodoo-floss-bands

こちらも同様の効果があるかと思いますが、まだ国内の代理店がなく購入が難しい。また種類が少なく強度が合わせられないという問題があります。

アメリカに住まれている方はこちらの方が安価かもしれません。

 

また、フロスバンドを使った実験のデータも発見しました。

近年それほど強くはないものですがフロスバンドを使用した研究もされているようです。

例1

足関節の可動域向上とジャンプ能力の向上

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28254581

例2

肩の可動域の向上

https://journals.humankinetics.com/doi/abs/10.1123/ijatt.2016-0093

やはり研究の介入方法として侵襲性が高いのでスポーツ科学的な可動域についてしかなかなかありませんが、どれも可動域向上には有益のようです

サンクトバンドが購入できる公式サイト
https://www.sanct-japan.co.jp/compre_floss/

クーポンコード (定価より10% OFF)

SJFTEVAN

【参考文献】

http://axissyllabus.org/assets/pdf/Schleip_Fascia_as_a_sensory_organ.pdf
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11467897

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25649317
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16259237

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大谷翔平選手の怪我で話題になっているピッチャーにおける肘の怪我。大谷選手を襲った「内側側副靭帯の…
  2. 肉離れはなぜ繰り返すのか?今回は、これを簡単にですが考えてみたいと思います。…
  3. ランナーやウエイトリフターのタコ、力道山が傷に卵の皮を貼って治していたなどスポーツと卵殻膜の関係を書…

ピックアップ記事

  1. 大谷翔平選手の怪我で話題になっているピッチャーにおける肘の怪我。大谷選手を襲った「内側側副靭帯の…
  2. ランナーやウエイトリフターのタコ、力道山が傷に卵の皮を貼って治していたなどスポーツと卵殻膜の関係を書…
  3. ランナー人口の増加とともにタコに悩む人も増加中 足のタコはなぜできる? なんでいつも同じ場所に?…
PAGE TOP