早めに腸内フローラを検査、解析しておいたほうがいい理由

最近よく腸内環境を整えると健康になる!と耳にするようになりました。

コンビニに行っても「痩せる乳酸菌」とか「戦う乳酸菌」とか腸内環境を整える乳酸菌の製品が溢れています。ヨーグルトだけでなくて乳酸菌入りショコラとか乳酸菌キムチなどもあり、びっくりしたことがあります^^

それだけ腸への関心が高まっていることでもあり、また、実際に腸内の環境を整えるとそれだけ大きな見返りがあるというのは事実でしょう。

コンディショニングもですが、第二の脳とも言われる腸ですから、状態がよくなれば仕事や運動のパフォーマンスもぐっと変わってくると思います。

腸内フローラとは何か?

その腸内環境ですが、腸内フローラ(お花畑)なんて言われます。腸内にはお花畑のようにあらゆる細菌が共存して存在しているので、そう呼ばれます。

細菌の種類はなんと100種類以上、数にして約1000兆個存在しているといわれます。

なかでも、回腸から大腸にかけてに腸内細菌が密集し、それぞれ種類ごとに集まって腸内の壁面に生息しています。

人によって違う腸内フローラ。

人によって腸内フローラの状態は異なります。

いわゆる善玉菌、悪玉菌、日和見菌と言われる3つの種類の菌がいるのですが、、それぞれ勢力争いをしている状態だと思ってください。

善玉/悪玉/日和見菌の比率は、本来ならば悪玉菌より善玉菌優勢でバランスよく保たれています。
ところが、食生活が乱れたり免疫力が低下した入りすると、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ腸内環境も悪化。体調も悪くなります。

余談ですが、よく「プロテインばかり飲んで野菜を摂らなかったらおならが臭くなった」なんてトレーニーがいますが、あれは腸内環境が悪化したからですね。

腸内環境悪化による体調不調の例としては

  • 免疫力低下
  • 肌荒れ
  • 便秘・下痢
  • 自律神経の乱れ
  • 老化を促進
  • オナラが臭い
  • 気分の落ち込み(うつ)
  • 睡眠障害

などが代表的なものです。

ただ、これをなんとかしようとしても、腸内細菌の種類も数も多すぎて正直どうしていいかわからない。

だから「なんとなく腸にいいといわれるヨーグルトでも飲んでおくか」となるわけですね。

ところが、このような状況を一気に改善する「腸内フローラ解析」というものができるようになってきました。

腸内フローラ解析によって腸内細菌の種類や数、状態がだいぶわかるようになり、自分の腸内フローラがどうなっているかを具体的に知ることが可能になってきています。

こうなると、それを元に対策を考えることもでき、後天的に体質の改善が期待できます。

この2,30年で腸内フローラの研究は飛躍的に発展してきているようです。

腸内フローラの検査・培養法の開発が進み、また細かな菌の分類が確立されたことにより、体内にどのような影響があるのかも明白になってきました。

 

腸内フローラ解析とは?

では、腸内フローラの解析とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

最近では簡易にはアマゾンなどでも腸内フローラキットが販売されていますし、病院でも行っているところもあります。
個人個人で腸内フローラが異なるために、その菌、バランスを把握しどのような問題があり、どのような優れているかを把握するのが腸内フローラの解析です。

それぞれの検査キットや病院によって検査で得られる結果の項目には違いがあります。
そのために気になる項目がカバーしているかは解析キットを選ぶうえで重要な要素です。

いろいろなキットが乱立気味ではありますが、私がいいなと思ったのはDNA解析を得意とする会社のこちらの腸内フローラ解析キット。

このキットでは以下のような”具体的な”項目が調べられます。
1、どのヨーグルトや乳酸菌があうか?
2、デブ菌がいるか?
3、痩せ菌がいるか?
4、食物繊維を吸収してしまう菌がいるかどうか?
5、糖尿の予防菌がいるかどうか?
6、関節炎や免疫力を低下させる菌がいるかどうか?
7、リウマチ菌がいるかどうか?
8、肝臓がん菌がいるかどうか?
9、更年期障害菌がいるかどか?
10、悪さをしそうな菌の比率は?
11、胃癌菌がいるかいないか?ピロリ菌がいるかいないか?
12、食中毒菌がいるかどうか?
13、自閉症菌がいるかいないか?
14、肉と炭水化物どちらが体にあうかどうか?
15、食事のバランスはいいかわるいか?
16、大腸菌がいるかいないか?
17、高血糖菌がいるかいないか?
18、アレルギーを抑える菌はいるかいないか?
19、炎症を抑える菌はいるかいないか?
20、悪臭菌がどれくらいいるか?
21、酪酸菌がいるかいないか?
22、ビフィズス菌がいるかいないか?
23、乳酸菌がいるかいないか?
24、抗生物質を飲むと大腸炎になる菌がいるかいないか?
と、24の項目を調べられます。

検査項目がかなり具体的で、自分の体調や病気のリスクをずばりと調べられるのがいいと思います。
また、この腸内フローラ解析キットでは、1000種類の菌を調べ、39種の菌から腸内環境を解析するのですが、
その結果が携帯で見られるようになっています。

病院に行ったり、検査結果を首を長くして待ったりする必要がないのも現代的でいいですね。

 

美容だけではない。アスリートへの腸内フローラ解析の有効性

腸内フローラを解析して、アスリートのパフォーマンスに応用するということも始まっています。

腸内フローラは体の回復に重要な免疫機能に影響するため、怪我など早期の回復が必要な運動選手への応用も広がっています。

近年の研究により腸内フローラを解析して、体の炎症状態や筋肉痛の遅延などの問題を把握することも可能となってきています。
ハーバード大学ではスポーツをする人たちに対して、腸内細菌を特定して筋肉痛などから回復を速めて改善をするプロバイオティクスを提供しているそうです。

紹介記事

最近ではメジャースポーツでも体の炎症状態を把握するために、腸内フローラ解析を役立てているチームも増えてきているようです。

先日のイベントでご挨拶いただいた元サッカー日本代表の鈴木啓太選手も腸内フローラの会社を立ち上げたとのこと。アスリート出身だからこその感性かもしれません。

実際に、こちらの文献では、腸内環境により抗酸化作用や炎症反応、代謝機能に違いが出るとしていて、腸内環境とスポーツパフォーマンスはつながりがある可能性が示唆されています。

特に体を酷使するスポーツ選手には体の回復という重要な課題があるので、その早期の対策として腸内フローラ解析は有効であるとも言えます。

まだまだ今後の発展が期待される分野ですが、今まで捉えられていなかった見地から体を把握できるということで、解析から導かれる対処法などさらなる研究が進んでいます。
引き続き、最新の研究を把握次第更新していきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. ランナーやウエイトリフターのタコ、力道山が傷に卵の皮を貼って治していたなどスポーツと卵殻膜の関係を書…
  2. ランナー人口の増加とともにタコに悩む人も増加中 足のタコはなぜできる? なんでいつも同じ場所に?…
  3. ローテーターカフの本当の役割とは? ほぐす?鍛える?どうやって? 運動生理学に基づいた正しいケア…

ピックアップ記事

  1. ランナーやウエイトリフターのタコ、力道山が傷に卵の皮を貼って治していたなどスポーツと卵殻膜の関係を書…
  2. ランナー人口の増加とともにタコに悩む人も増加中 足のタコはなぜできる? なんでいつも同じ場所に?…
  3. ローテーターカフの本当の役割とは? ほぐす?鍛える?どうやって? 運動生理学に基づいた正しいケア…
PAGE TOP