ファンクショナルメディシン(機能性医療)知ってますか?

ファンクショナルメディシン(機能性医療)という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

使用されやすい言葉の繋ぎ合わせなので似たような名前のものが沢山あるかもしれません。この5-10年でかなり世界的に流行りつつある医療のシステムであり考え方です。

アメリカではいくつかのファンクショナルメディシンの資格がありMD,DO,DC,など医療系資格の人間が受講しています。私もその資格のうちの一つを3年前から受講しています。 台湾の知人のリハビリ医師もこのファンクショナルメディシンに注目して昨年から病院で活用しているようです。

ファンクショナルメディシンとは

ファンクショナル・メディシンとは盲目的に診断学を用いる画一的な医療ではなく、個々の特性を考慮し、その症状の隠されたメカニズムを多角的に考察しアプローチをして問題を解決に導く医療のシステムとアプローチ法です。

ファンクショナルメディシンが一番効果を発揮するのが不定愁訴であり、慢性疾患です。

例えば、

不眠、頭痛、お腹の調子が悪い、倦怠感、やる気が起きない、集中できない。

など病名になるものやならないものまで体の不調となるものです。

病気がない≠健康 と思われがちですがそうではありません。

病気としては診断にならないけど健康的な生活を送れない。そんな人の問題へアプローチをしていくものです。

また病名がついていたとしてもその根本の原因を抑えないと効果がない場合、その大元を探りアプローチをしていきます。

例えば貧血で病院に罹ったとします。

血清フェリチンなどは正常範囲よりほんの少し悪かった場合、普通であれば鉄が処方されるかもしれません。

ファンクショナルメディシンではまずなぜ鉄が足りないのか?を探ります。

例えば、食べ物、グルテンなどにアレルギー対応があると鉄だけではなく食べ物の吸収は下がります。

その場合はその吸収できない状態がなぜ起こるのかを探り、排除し必要であれば栄養を付け足すということを行います。

問題が起こる大きな要素として 消化吸収 免疫機能 ホルモン 細胞運搬 エネルギー生成 肝臓などでのデトックス 構造的な統合性の問題 などがファンクショナルメディシンで探っていくところです。

ファンクショナルメディシンの指標

まず指標とする要素は大きく3つです。

1、「体の状態がどのように感じているか?」

主観的に自分の体の感覚や状態を表現します。 当然無症状の人もいますし、普段と何か違う変化を訴える人もいます。 それは一つの重要なサインです。

2、体組成

体重、体脂肪、BMI 色々と体形の目安となる数値はありますが、例えば身長160㎝体重50kgの女性で体脂肪が30%であれば健康的か?というと完全に「否」ということになるでしょう。

身長170cmで85kgのボディビルダーのBMIが29(軽度肥満1)が太っているかというと「否」となるでしょう。

重要とするのは体組成です。筋肉がしっかりあり、適度な脂肪を蓄えた体が一番健康を維持できる体です。

食生活を気を付けていても何故か体脂肪が増えてしまったり、運動をしっかりしていても筋肉がつかない。 その理想的な体組成を維持できない原因がどこかに潜んでいるかもしれない。そのサインを体組成から見つけていくのも重要です。

3、血液検査

病理的に問題になる数値になることにより疾病と判断されますが、ファンクショナルメディシン。機能的に考えるとその時の数値も勿論重要ですが、その変動であったり、その他の数値とのバランスという事も重要視します。

当然、血液検査のコストがかかるので完全推奨は難しいかもしれません。しかしながら簡易なアレルギーの血液検査などは数千円レベルで行える病院も増えています。

ほとんどの方は血液検査の結果が問題がなかったり、結果を無視する傾向にありますが、やはり問題の原因となるトリガーを見つけるというという事は健康的に生きていく目的のためには有効かと思います。 特に食べ物のアレルギーなどは検査しておくのは良いでしょう。

「You are what you eat」 あなたは食べたものでできている。

一時期流行った表現ですが、これは真理です。 人間の細胞は日々生まれ変わりますが、その細胞を生み出してターンオーバーさせるには「食べ物」が大元となります。 日々体が抵抗するものを知らず知らずに口に入れていくとほんの僅かな体の悪い反応が少しずつ積み重なりいつか目に見える形や体に感じる形で出てきます。

血液検査はいきなり抵抗があるという方は簡易にいくつか試したのちに検査を行うというのも良いかもしれません。

1、主観的に食前食後の体の感覚をみる。(膨満感など気持ち悪さ)

2、あやしいと思う食べ物を口にして物を握って握力の変化をみる

3、食前食後で心拍数を測る(毎分で10上がると食べ物が合わないと言われています)

食べ物アレルギーの話しは詳しく後ほど行います。

体がそのような悪いものへの抵抗に対して重要なのが「免疫システム」です。

コロナ禍で注目されていますが、色々語弊もあると思いますが「免疫力」ということが注目されています。

その免疫システムは物質の伝達屋の微細栄養素と体のガードマンの抗酸化物質が必要となります。 体が悪いものに対して抵抗するためには防御壁が必要になります。 その防御壁を突破されたら疾病という体の状態になるわけです。 病気になったら薬を飲みますが、それはまさに防御壁を突破された悪者に対して攻撃をして抑えるという事になります。

当然防御壁が厚く強い場合は悪者が突破できないでしょう。その防御壁を強くするために体の免疫システムを強化することが必要なわけです。

免疫システムを弱めるSTAMP

防御壁を弱めてしまうのがSTAMPの5つです。

S Stress ストレス

T Toxic 有害物質

A Allergy アレルギー

M Microbe 微生物

P Poor diet 食事の問題 です。

これから一つずつそのSTAMPを説明していきます。

ストレス

一般的にストレスとは環境の影響による生体の適応的な反応のことを言います。 ストレスの原因をストレッサーと表現し、ストレッサーに応じて体が反応をします。

当然、適度なストレスは生きていくうえで刺激となりますが、そのストレスが体によってネガティブな要素になり過度にかかってくると体の恒常性を妨げます。それにより脳も含めた体に悪影響を及ぼします。

また、ストレスには身体的ストレスと心因的ストレスに分けられます。

ストレスに関わるホルモンは良く知られている通り「コルチゾール」です。 コルチゾールも当然生きていくうえで必要なホルモンです。

しかしながら過度に分泌されると体に悪影響を与えます。何事もバランスが重要になってきます。

過剰に分泌されたコルチゾールやインスリンは生活習慣に気を付けているにも関わらず意味不明な脂肪を増やしてしまいます。 特に肝臓への脂肪の蓄積が引き起こされる場合があります。そうなると肝臓というのは解毒という重要な役割があるために疲労しやすくなってしまいます。

また体脂肪とは逆に過剰なコルチゾールはの分泌はエネルギーを生成するために筋肉を痩せさせてしまいます。 体重は減っていないからと体組成を無視してしまうと実は筋肉が減っていて脂肪が増えているために結果として体重が減少していないという可能性もあります。

また胃酸の分泌を低下させるために胃腸の第一の防御壁を脆弱にしてしまうために免疫系統にも影響を与えてしまうとされています。

ストレスによって起こる代表的な体の不調は 頭痛、気分の落ち込み、風邪などを引きやすくなる、性欲減退、消化不良、虚脱感、不眠などになります。

このような問題が1,2週間続くようであればチェックが必要です。

ファンクショナルメディスン的にチェックする血液検査は

朝のコルチゾールレベル、ストレス反応に影響する副腎機能低下の指標であるデヒドロエピアンドロステロンサルフェート(DHEA-S)、さらに甲状腺のReverseT3が主な項目になります。

この数値の絶対数よりも変動数が重要とされていて例えばReverse T3の基準値が17が上限とされていますが、10だった人がストレスがかかった時に16になるのと、25の人がストレスがかかった時に19になった場合には後述の方がストレスに適応できているという形になります。 理想的にはストレスをコントロールするために瞑想や運動などが進めれれていますが、補助的に腸内環境の正常化の為にプロバイオティクスやビタミンCなどが  よいかもしれません。

ただ根本的にはストレスに関してはストレスのマネージメントが重要になります。

有害物質

有害物質と言ってもあまりピンとこないかもしれません。一般的にイメージするような有害物質は本当に毒みたいなものとイメージするかもしれません。

しかし有害物質は日常的に身近なものです。

例えば良く知られているところでは「マグロは食べ過ぎると水銀が沢山入っているから気を付けた方がいい。」 などです。 また体にとって有益なものも許容量を超えてしまっていたり、またサプリメントやハーブ、スパイスなどの原材料で実は体に悪影響を及ぼす物質が微量に含まれていたりします。

顕著に言われているのは添加物です。

添加物も食品の保存などの為に必要なものもあるかと思いますが、可能な限り摂取は控えるように進められています。 有害物質とは主に肝臓で解毒し吸収しないといけないものです。代表的な例は薬です。

また肝臓と言えばアルコールですが当然アルコール代謝も重要な役割になりますが、肝臓の一番の役割は「解毒」作用です。 日常的に肝臓は一生懸命働いて有益なものを取り込もうと代謝をしています。

よく「筋肉を多くして代謝を上げよう」と言われますが、勿論筋肉が増えると若干代謝はあがりますが、肝臓の代謝では一日のエネルギーのおおよそ25%を必要とします。 肝臓の機能を保ち、また負担の罹らない生活をすることで筋肉よりも効率よく体が燃えてくることになります。 その肝臓の機能に影響するのが1、遺伝的要因、2、日常的な要素(薬、アプリメント、アルコールなど)です。

その有害物質による機能低下の影響で、頭痛、倦怠感、消化が悪くなる。などの問題が現れてくる場合があります。 目に見えてくることとして筋肉量が減少してくる。筋トレをしていても筋肉がつきにくいという事がでてくることがあります。 それは有害物質によりテストステロンの分泌量が低下してしまうという事によるものといわれています。

また肝臓の疲労によりトレーニング後の疲労感や回復が遅れるなどの傾向がでてくる可能性もあるようです。

ファンクショナルメディスン的にチェックする項目は 肝臓のダメージの数値である「ASTやALT」、また肝臓の疲労度で解毒機能が働いているか把握する数値の「GGT」、腎臓の濾過作用の「シスタチンC」、さらに活性酸素から細胞を守る抗酸化物質である「グルタチオン」が主になります。

ASTとALTは両方ともが20以下が理想とされています。(正常値と言われるのは30-40)、GGTは30以下が理想とされていますが、GGTはその他のAST、ALTと併せてみることが進められています。シスタチンCはでもアルコールの摂取や添加物などを極力避けて体脂肪、特に内臓脂肪を減らす生活をしていくことが良いでしょう。 このような有害物質によって倦怠感などがある人にお勧めのサプリメントはビタミンB群、特にビタミンB12 レスベラトロールなどに代表される抗酸化物質です。

ただまずはアルコールを控えたり、添加物を避けたり、水分をしっかりとったりするなど基本的な事から見直すのがよいでしょう。

アレルギー

春先が嫌だ!という方も多いでしょう。 スギ花粉により花粉症になる人はこの10年で10%ほど増加しているようです。 このような花粉や季節的なアレルギー、動物、植物、気温、ハウスダストなどの物質、食べ物など世の中には数多くのアレルギーが存在します。

アレルギーの検査は数千円の簡易な保険適応可能なアレルギー検査から数万円の分子栄養学的な検査、またスマホなどでできるアレルギー検査などが最近は出てきており注目は高まっています。

自分では気付いていないアレルギーなどもありますから前述で紹介した

1、主観的に食前食後の体の感覚をみる。(膨満感など気持ち悪さ)

2、あやしいと思う食べ物を口にして物を握って握力の変化をみる

3、食前食後で心拍数を測る(毎分で10上がると食べ物が合わないと言われています)

だけでなく、一度血液検査などで自分がどんなアレルギー反応があるかなど詳しく調べることをお勧めします。 アメリカでは最近Mediator release testという食べ物や化学物質のアレルギーのトリガーを見つける検査も流行っているようです。

まずは簡易の数千円でできる検査から開始して、それでもトリガーとなるものがハッキリしなければ遅発型のアレルギーもあるので分子栄養学的なアレルギー検査も一考かもしれません。

アレルギーによって体調に起こる現象として、お腹の不快感、胃酸が出過ぎている感覚、便秘下痢、頭がぼーっとする、集中できない、慢性疲労、片頭痛、関節の痛み、呼吸器の違和感などがあります。

食べ物のアレルギーであれば上述の食べた前後のこのような現象がおきるかをモニターするといいでしょう。 血液検査などではアレルギーの防御反応としてIgEの反応が一番有名なところでしょう。

またHashimoto antibodyという抗体を検査することもあるようです。アレルギーのトリガーに体が反応した場合に自分の体を守れるか攻撃してしまうかを抗体にて判断するようです。 このようなアレルギーへの対応として一般的に言われるものは3か月間アレルギーとなるものを一切排除する事です。

例えば小麦に対するアレルギーがあると、一切の小麦の製品や小麦と一緒に製造しているものも含めて排除します。 厳格に行える人は是非行ってみてください。 しかしながら現実問題として非常に難しいことは確かです。

そのような方にお勧めなのがアレルギー性が強い食べ物の組み合わせをやめる。 アレルギー性の強い食べ物は 1、小麦 2、大豆 3、乳製品 4、ナッツ類 になるのでこれらを二つ以上一緒に摂らない。

という事から始めてみてはいかがでしょうか? アレルギーに対してはアレルゲンを確定して排除する、控えるという事が一番ですが、対処法として免疫システムを高めるために以下の ビタミンD 、ケセルチン、  ボロメライン などが効果の可能性を示唆されています。

また最近はパッチ型のコスメティックもあるようです。

微生物 プロバイオティクス、腸内フローラなどの言葉がこの数年もてはやされるようになりました。

腸内細菌自体は医療の分野での研究も進んでいて今後新たな疾病の解明や回復に期待されています。 プロバイオティクスとはビフィズス菌や乳酸菌など体に良いとされる微生物で腸内細菌叢のバランスを整えてくれるものとされています。

赤ちゃんでは腸内細菌のほとんどはいわゆる善玉菌と言われるビフィズス菌とされていますが、食事を取るごとに日和見菌や悪玉菌といわれるものが増えていきます。

悪玉菌を増やす要因とされているのが食事習慣です。 野菜が少なかったり、動物性たんぱく質に偏る、脂質が多すぎる。などの影響が一番と言われています。

そのような食事習慣では腸内のphをアルカリ性にシフトして便を黒くしていきます。 また議論はありますが病気などの時に処方される抗生物質も影響を及ぼすとも言われています。

過敏性腸症候群と言われるような排便障害やお腹の不快感、食べ物を上手く吸収できないために消化不良や倦怠感、筋トレをしていても筋肉がつきにくいなどという問題に繋がるとされています。

ファンクショナルメディスン的にチェックする項目は

1、免疫物質のIgA

IgAは細菌などが侵入してくる際に粘膜を保護します。

つまり体に悪いものが入ってきたときに粘膜で戦ってくれるものになります。 IgAが低くなると外敵に負けて体内環境を悪くしてしまいます。一般に良く知られているところとして母乳にはIgAが多く含まれており赤ちゃんの体を守っているといわれています。

2、好中球

白血球の一種である顆粒球の1つです。 好中球のレベルが上がると外敵にさらされ腸内環境のバランスを崩しているとされています。

3、糞便カルプロテクチン

便の中のタンパク質です。カルプロテクチンの上昇は、好中球の腸粘膜への移動、つまり外敵に負けて侵入を許してしまっている状態です。

腸内環境を改善するために順番として1、悪いものを排除する、2、環境を整える、3善玉菌を増やしていくの順でバランスを整えていきます。

1、まずは腸内環境を悪化させる食生活の改善をします。 時にファスティングなどを勧める人もいるかもしれません。そこまで厳格にしなくても体をクリアにするために脂質、動物性たんぱく質を控えることが先決でしょう。

2、プロバイオティクスに対しプレバイオティクスを取り込む。 プレとは事前にという意味ですがプレバイオティクスは腸の有益な細菌の栄養源となって善玉菌の増殖を促すものとされています。 オリゴ糖や食物繊維などが言われています。 

3、環境が整い次第、発酵食品やプロバイオティクスなどを積極的に摂取していきます。一気に行っても良いとは言われていますが、この順序で改善をしていくと効果的とされています。

また近年BPC157というアミノペプチドがこの微生物の環境改善に対して注目されています。 BPC-157は腸などの消化管だけでなく中枢神経系や免疫系、心血管系など様々な機能の調節と制御に関係していると言われています。また有機保護作用により腸自体の機能を高める可能性が期待されています。ボディービルダーなどの筋力増強でもしようされているようです。

食事の問題

食事というのは一番コントロールがしやすくて、また強い意思がないとコントロールが難しいのではないでしょうか?ストレス、有害物質、アレルギー、微生物は悪いという自覚があるために改善へ向けて積極的になりますが、食事は欲望や生活スタイル、家族、社会環境などもあり大事と分かっていてもお座なりになってしまう傾向はあります。

巷には様々な食事方があります。 ケトジェニック、地中海、ベジタリアン、パレオ、玄米食、フルーツのみなど。 どれも考えられたシステムかとは思います。

しかしながら何かに偏ると何かが足りなくなる。 何かが過剰になると何かがおかしくなる。 現在進行形で「快活な生活」を送っている人はすぐに食事方法を変える必要はないかと思います。

しかし、体重が意図せずに増えてきた。不定愁訴などの問題が出てきた。 その場合は一度食事を見直すタイミングかと思います。

問題を起こしやすい食べ物

1、砂糖

すべての炭水化物が「悪」とする考えの方も多いです。

体に問題があるときは一切の炭水化物を一定期間排除するというのがスタンダードな考えとして定着しています。でんぷん質を含む野菜やフルーツもNGとする考え方です。 それぞれの哲学次第ですが、一番はインスリンのコントロールをする事が重要です。 血糖値の上下動が激しい、また食後に疲労感や眠気が出る。また後ほど記述しますファンクショナルメディシン的の指標の数値が悪い場合などといった場合は炭水化物排除も一考かもしれません。

またライフスタイルにもよります。運動を激しく行う人にとっては炭水化物はエネルギー源です。激しい運動をするなかでケトジェニックで脂質などをエネルギーに応用するとエネルギー効率は下がります。 その場合は運動でコントロールできる範囲であれば炭水化物は必要なものです。

しかしながら単純な砂糖(白砂糖)などは要注意です。インスリン耐性を疲弊させます。 (個人的には砂糖でも極限までの運動後などの枯渇状態では良いと思っています。) インスリンは糖質を体内にエネルギーとして変換する大事なホルモンです。 この変換がうまくいかないと肝臓へ糖をため込み脂肪として貯蔵してしまいます。 また血圧の上昇や気分の落ち込み性的な機能の減退も弊害としてでてくるとされています。 インスリン耐性を疲弊させ血糖コントロールが不正を起こすといかのような症状がでると言われています。 口が乾く、疲労、腸内環境の悪化、夜に何度も目覚める、運動をしても体重がなかなか減らない。

ファンクショナルメディシン的の指標項目として 空腹時のインスリンレベル、HbA1C、HDLと中性脂肪の比率、空腹時血糖値が主になります。 その中でも空腹時のインスリンレベルは注視すべきで理想は5以下を維持したいとされています。 食事のコントロールが一番簡単で難しいのは確かです。 食事はただ栄養を摂取するだけでなくコミュニケーションの一部です。家族や仲間で食事と時間を共有する貴重な場でもあります。体の状態を理解いただいてマネージできるといいですが、無理は禁物と思っています。食事は栄養を取り込む以上に心の栄養を取り込んでいるはずですから。

また食欲という制御しにくい欲求もありますが衝動的に欲して食べるのは絶対にNGです。 そこでマインドフルネス食事法というのを紹介します。 まず、食事を選択するときに冷静に今の体の状態を考え、過剰なものを避ける、必要なものを選ぶという選択をする。 食べた後のゴール(体にどんな栄養が必要で何を摂取できたか)を決める。 感謝とともに食べる。

簡単な事ですがせわしないライフスタイルにとっては意識しないとできないかもしれません。 我々は食べたものでできている。 それに加えて我々は食べたもの、時間、共有する人で生きている。という柔軟に健康に過ごしたいものです。

参考 ファンクショナルメディシンの食事メモ ターゲットのカロリー量、それぞれの栄養素の量を設定し、毎食ごとカロリーに加えて三大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質、コレステロール、ナトリウム、食物繊維の量をメモします。

また食事の中のタンパク質、脂質、炭水化物の要素、豆、野菜の比率もメモに記載します。 ここから補足になりますが、ファンクショナルメディシンでは上記の要素以外にも感情、メンタル、スピリチュアルの3つのバランスを重要視します。

最後にもう一つ

STAMPの要素であるストレスにも影響するかもしれませんが、心のマネージメントも必要になります。 心を落ち着かせるためにお勧めしたいのがボディースキャンの習慣。 目を閉じて自分の身体感覚がどう感じるか? 呼吸の感じ。体の違和感、張り。どこが感じるか?などを繊細にして体への認知能力が向上することにより平穏を保つマインドフルネスの手法です https://www.youtube.com/watch?v=ihwcw_ofuME&feature=emb_title

心身一如

健康的な生活を送るには日常では気付かない健康を妨げる要素を見つけてやること。 少しずつ積み重なった負担が形となって表れるのは問題が明るみになったとき。 気付くのが遅いと後悔しか残りません。この記事が一つの気付きになれば幸いです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. ファンクショナルメディシン(機能性医療)という言葉を聞いたことはあるでしょうか?使用されやすい言葉…
  2. コンビニのような身近な場所でも、プロテインバーやタンパク質を強化した食品が出始めて「フ…
  3. 質問:ふくらはぎの肉離れを一度したら、くせになったようでちょいちょい痛みが走るし、無理すると軽い肉…

ピックアップ記事

  1. ドクターエアから新発売された振動ボールの効果はいかに?振動するフォームローラーで人気のドクターエ…
  2. 今回は意外に知られていないけれども重要な栄養素「亜鉛」のお話です。亜鉛と聞いて、みなさん何を思い…
  3. 運動をする人であればつきまとう「筋肉痛」問題。特にハードトレーニーは筋肉痛のコントロールもうまく…
PAGE TOP